📘

Dart入門

2 min read

言語使用

  • Googleによって開発された言語
  • クラスベースのオブジェクト指向言語
  • 静的型付け (動的型付けにすることもできる)

インストール

$ brew tap dart-lang/dart
$ brew install dart
$ dart --version
Dart VM version: 2.7.0 (Fri Dec 6 16:26:51 2019 +0100) on "macos_x64"

変数定義

  • 型を明示しない場合
var XXX = "I am a pen";
  • 文字列型
String XXX = "I am a pen";
  • 整数型
int XXX = 1;
  • 浮動小数点型
double XXX = 1.0;
  • リスト(配列)型
List<String> XXX = ["I", "am". "a". "pen"];
  • マップ(連想配列)型
Map<Strings, Strings> XXX = [
	"first_name": "hoge",
	"last_name": "moge",
];

四則演算

  • 加算 A + B
  • 減算 A - B
  • 乗算 A * B
  • べき乗 A ** B
  • 除算 A / B
  • 剰余 A % B

定数定義

「final」は一度だけ初期化される。
「const」はコンパイルの度に初期化される。

final String name = “hoge”;
const Stromg name = “moge”;

制御構文

  • if文
if (name == “hoge”) {
    print(“hogehoge”);
} else if (name == “moge”) {
    print(“mogemoge”);
} else {
    print(Who are you?);
}

一行で書きたい場合

if (name == “hoge”) print(“hogehoge”);

関数

戻り値の型を指定するのが推奨される。

戻り値の型 関数名(){
 (実行したい処理)
  return 戻り値;
}
int calcSum(int x, int y) {
	int total = x + y;
	return total;
}
  • キーワード引数を持つ関数
    キーワード引数を使うことで、引数の順番を変えて使えたり、「第一引数が〇〇で〜」といった覚え方をしなくてよくなる。
    名前付き引数を使う場合には、パラメータを「{}」で囲う必要がある。
戻り値の型 関数名({パラメータ}) {
 (実行したい処理)
}
int calcSum({int num1, int num2}) {
    int total = num1 + num2;
    return total;
}
// 呼び出し
main () {
    calcSum(num2: 3, num1: 1); // 4
}
  • パラメータに初期値を指定
    初期値を指定しておくことで、引数が渡されなくても関数を実行できるようになる。
戻り値の型 関数名({パラメータ = 初期値}) {
 (実行したい処理)
}
int calcSum({int num1=1, int num2=3}) {
    int total = num1 + num2;
    return total;
}
// 呼び出し
main () {
    calcSum(); // 4
}
```dart

- アロー関数を利用
```dart
// 戻り値なし
void 関数名() => 実行したい処理;
// 戻り値あり
戻り値の型 関数名() => 実行したい処理;
int add({int num1, int num2}) => num1 + num2;

Discussion

ログインするとコメントできます