PHP Conference Japan 2020 まとめ

16 min read読了の目安(約14800字

12月12日に実施されたPHP Conference Japan 2020をまとめました。
各トラックを目次とし、タイムテーブル順にスライドとforteeのリンクを記載しています。
また、各発表タイトルはYouTubeアーカイブのリンクとなっています。

見づらい・リンク漏れなどありましたら、コメントいただけると幸いです。

PHP Conference Japan 2020 について

https://phpcon.php.gr.jp/2020/ より引用。

PHPカンファレンスは1999年からPHP関連の技術を主とした技術者カンファレンスです。
例年であれば大田区蒲田にある「大田区産業プラザ PiO」にて開催を行う予定でしたが新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止のため、21年目で初めてのオンライン開催となります。
オンライン開催では「YouTube Live」を利用したライブでのセッションを始め、オンラインならではのコンテンツで今年のカンファレンスをお楽しみください。

関連リンク

connpass

Twitter

Twitter ハッシュタグ

Track 1

PHP の今とこれから 2020

PHP WEB アプリケーション設計入門――10 年先を見据えて作る

玩具サブスクリプション・レンタルサービスの代表の子どもたちにPHPについて語ってもらった

  • 株式会社トラーナ | 志田典道さん
  • fortee

3分で分かるConnehito Tech Vision

Lenet の開発環境の紹介

福岡市のお墨付き!エンジニアフレンドリー企業に選ばれたFusicの実態に迫る!

PHP8 on AWS lambda

  • 有限会社アリウープ | 柏岡秀男さん
  • fortee

長期運用を目指す『Shadowverse』におけるリファクタ事例の紹介 〜テストの導入とメンバーへの普及法〜

事業のスケールアウトを支える PHP で作る分散アーキテクチャ

パネルセッション「ひさてるさんに聞け」

ウェブセキュリティのありがちな誤解を解説する

PHP カンファレンス大 LT 大会

Track 2

NewRelicプラットフォームを使ったオブザーバビリティ入門

レガシープロジェクトで、メタプログラミングを使ったPHPStan静的解析レベル上げ

徳丸皆伝を狙いませんか?徳丸実務試験とPHP8上級試験の解説

自分のやりたいことやって超簡単にチームのコミュニケーションを活性化させた

PSRで学ぶHTTP Webアプリケーションの実践

Composer 2.0って何?どう変わるの?読んでみました!

今こそ理解する、PHPの日時計算

効果的な静的解析のCI導入パターンを求めて

微妙な違いも見逃すな!ビジュアルリグレッションテスト!

Track 3

初心者セッション

GCPとPHP

PHP on Kubernetes

Webサービスをセキュアに保つために必要な視点

DNS改ざん検知ツールの実装とDNSパケットの世界

CakePHPで学ぶDIコンテナ

PhpStormを使えばほとんどコード補完されるんだってばさ

PHPで作るオンラインカンファレンス向け録画システム

Track 4

Laravelで運用しているサービスをNuxt.jsにリプレイスする

LaravelDB.comを使ってDB設計「Migration 生成」の基本操作を学ぶ

ゼロベースから Laravel を用いた API 実装オートメーション

Laravel × オニオンアーキテクチャで始めるテスト駆動開発

テストピラミッドを意識したテストコード実装戦略

本番でしか起きない問題に早く気が付けるように、僕は Laravel Dusk で CI する

Laravel + Lighthouseで始める低コストなGraphQL入門

Track 5

PHP 8 で作る JSON パーサ

PHPのソースコードから理解するPreloadとJIT

PHP8はISUCONへの扉を開く鍵となるか

PHP 8 の新機能を PHP内部コードのテスト phpt から読む

PHP8時代のWebアプリケーションフレームワークの話をしよう

PHP 8 で Web 以外の世界の扉を叩く

Track 6

PHP 8.0: A new version, a new era

Service communication re:Born

How good are my tests?

Functional Programming in PHP