📹

pryのコマンドを保存して再実行したい

2020/09/24に公開約600字

なにこれ

pryのコマンドをファイルに保持し、再度実行することができる。
再実行後は変数に値が入るため、複雑な処理を必要とするデバッグの際に手順をファイル化しておくことが可能。

手順

スクリプト配置

このスクリプトをプロジェクト直下またはホームディレクトリの .pryrc に配置する

記録

[1] pry(main)> ReRe.start
20190727021128.rb
=> :dubbing
[2] pry(main)> p 1111
1111
=> 1111
[3] pry(main)> user = User.first
=> #<User:0x00007fda
...
[4] pry(main)> ReRe.stop
[5] pry(main)> exit

実行

[1] pry(main)> ReRe.playback("20190727021128.rb")
run command... 
[2] pry(main)> user
=> #<User:0x00007fda
...

ファイル保存先

実行ディレクトリ以下の tmp/rere/*.rb

Discussion

ログインするとコメントできます