📃

NestJSでdotenvを使う

1 min read

NestJSのドキュメントに書かれてる。

1. @nestjs/configをインストール

$ yarn add @nestjs/config

2. app.module.tsでConfigModuleを読み込む

import { Module } from '@nestjs/common';
import { ConfigModule } from '@nestjs/config';

@Module({
  imports: [ConfigModule.forRoot()],
})
export class AppModule {}

.envパスやファイル名を指定するには

ConfigModule.forRoot()の引数にenvFilePath: パスを指定する。

ConfigModule.forRoot({
  envFilePath: 'foo/.env',
}),

以下のように配列で複数指定することも可能。先頭から1つずつ探しにいってくれる。

@Module({
  imports: [ConfigModule.forRoot({
     envFilePath: [
       '.env.development',
       '.env'
     ],
  })],
})

↑ この場合.env.developmentがあればそれが環境変数として読み込まれる。なければ2つめの.envが読まれる。

Discussion

ログインするとコメントできます