Open1

SendGrid設定

https://sendgrid.kke.co.jp/blog/?p=1066

APIキーの生成

権限のカスタマイズ設定はRestrictedAccessを選択する

https://sendgrid.kke.co.jp/docs/User_Manual_JP/Settings/api_keys.html

独自ドメイン設定

SendGridのWebポータルで各設定を作成

https://sendgrid.kke.co.jp/docs/Tutorials/D_Improve_Deliverability/using_whitelabel.html
高度な設定をしなければドメイン設定するだけでSendGrid側の設定は終わります。

DNSレコードをドメインレジストラへ登録

SendGrid側で設定行うとCNAMEの設定情報が出てくるので
コピーしてドメインレジストラに貼り付け行う。
Verifyボタンを押して反映されてるかチェックする。

https://sendgrid.kke.co.jp/docs/User_Manual_JP/Settings/Sender_authentication/Troubleshooting.html#-My-DNS-records-arent-validating

ムームーでのレコード設定

ホスト名「xxx.example.com」の場合、「xxx」のみ入力

https://support.muumuu-domain.com/hc/ja/articles/360046453854-カスタム設定のセットアップ方法

反映には1時間程度かかるようです。

https://support.muumuu-domain.com/hc/ja/articles/360045802434-DNSレコードを設定することはできますか

ALIASレコード

AレコードでIPアドレスのみでしたが、ALIASではホスト名が指定できます。

https://muumuu-domain.com/?mode=info&id=3775

ALIAS設定は、CNAMEとできることは同じです。
ムームーのマニュアルでALIASについて詳しい説明がありませんが、Route 53のALIASと
やりたい方向性は同じと思われます。

https://dev.classmethod.jp/articles/amazon-route-53-alias-records/
https://www.ntt.com/business/services/network/internet-connect/ocn-business/ocn/customer/set_up/dns_12.html
ログインするとコメントできます