💡

LINEミニアプリを活用してLINE公式アカウントの友だち登録を増やす

2 min read

こんにちは!BULBの加藤です。

LINE公式アカウントを使えば、LINEのプラットフォームを使って販促やカスタマーサポートを手軽に始めることができます。日々のマーケティングにも活用しやすいLINE公式アカウントですが、友だち登録者の数が増えなければなかなか効果が発揮されません。

なかなか登録してくれる人がいなかったり、登録してくれた後にブロックされてしまったりするケースも多いですね。

友だちを増やすためにはいろいろな方法がありますが、最近出てきたサービスでLINEが力を入れている「LINEミニアプリ」をうまく使う事で友だち登録を自然に促していくことができます。

LINEミニアプリとは

LINEの中にもう一つのアプリが立ち上がるというイメージ。QRコードを読み込むだけでLINE内に立ち上がるなど、リアル店舗での活用がしやすい。ストアからアプリをDLする手間が省けます。

LIFFというLINEのフロントエンドフレームワークを使い、比較的容易に構築することができます。LINEならではの共有機能や友だち・グループのチャット機能などを活用することができます。

公式サイト・公式ドキュメントより

Line for Biz (ビジネス向け情報)

https://www.linebiz.com/jp/service/line-mini-app/

LINEミニアプリは、ライフスタイルにおけるさまざまなニーズに応えるサービスを、
LINE上で提供できるウェブアプリケーションです。
LINEミニアプリを活用することで、企業はユーザーに“快適なサービス体験”を無償で提供できると同時に、
オフラインとオンラインを横断したユーザーデータの取得が可能になります。

Line Developers (開発向け情報)

https://developers.line.biz/ja/docs/line-mini-app/discover/introduction/#lineミニアプリでできること

LINEミニアプリは、LIFF(LINE Front-End Framework)上で実行されるウェブアプリです。 LINEミニアプリを使えば、ユーザーはアプリをインストールしなくてもサービスを利用できます。

なぜ友だち登録につながりやすい?

LINEミニアプリの登録時に公式アカウントへの友だち登録も同時にできるようになっています。

こちらがミニアプリ登録許可画面

下の方に公式アカウントの友だち追加確認がありますね。友だち追加したくない場合にはチェックボックスを外してもらいますが、ほとんどの人がここで友だち追加してくれるようです。

以前端末を英語設定にしていたせいか、英語表示から変えられませんでした、、通常はちゃんと日本語表示になっているはずです!

自然と友だち登録する流れができる

LINE社が公開している事例でもわかりやすいのですが、LINEミニアプリがあることでLINE内でポイントカードや飲食店のテーブルオーダーツールのようなサービスを提供できるようになります。

しかもQRコードをスキャンするだけでなのでインストールのハードルは普通のアプリよりも低い。ミニアプリはユーザーにとってメリットが多かったりその場で役に立つサービスであることが多いので、「友だち登録」してください!というよりもやってもらいやすいですね。

実際にミニアプリを入れもらえれば公式アカウントへの友だち登録もしてもらえる、という流れです。

リテンションを高めるために、いろいろ試してみよう

会員証やテーブルオーダーなど実際の店舗でミニアプリのサービスを活用できれば、ユーザーの情報と注文した商品の情報を紐付いたデータ管理ができます。

これにオンラインのアカウントなどを連携できれば、さらに正確なマーケティングが実現できそうな気がします。

LINEはもともと実店舗での販促・マーケティングに強いですが、ミニアプリを活用することでさらに高めていけそうですね。

Discussion

ログインするとコメントできます