💡

LINEミニアプリはネイティブアプリとどう違うのか。メリットやミニアプリで出来ることをご紹介します

2 min read

どうも、BULB加藤です!ZennでLINEミニアプリの情報を発信しています。

今回はLINEミニアプリとスマホのネイティブアプリを比較しながら、ミニアプリのメリット・LINEミニアプリならではの特徴などをご紹介してみます。

LINEミニアプリとネイティブアプリの違い

LINEミニアプリはLINEのホーム画面から起動する(スマホのホーム画面からは起動できない)

LINEミニアプリはあくまでLINEの中で動くアプリのため、iOSやAndroidのネイティブアプリとしては動作しません。

QRコードを読み込んだりLINE内でミニアプリを検索して見つけると簡単にLINEの中で立ち上がります。

iOSの場合、ストアからダウンロード・インストールすると通常のネイティブアプリであればこのようにホーム画面にアイコンが。

起動時に「ホームタブに追加」を選択するとこちらの「ジョルダン乗り換え案内」のようにLINEのホーム画面にピン留めされます。

ジョルダン乗り換え案内に関しては、このあとご紹介するようにネイティブアプリとミニアプリで少しUIは違うのですが、時刻表検索という基本的な機能には特に違いがありません。

LINEミニアプリはHTMLベースで動く

LINEミニアプリはLIFFというLINE独自のフロントエンドフレームワークを使って動かすことができます。ネイティブアプリのようにSwiftやFlutterを使って作る必要がありません。またHTMLベースではありますが、動作は非常に軽快です。

LINEミニアプリのジョルダン乗り換え案内。「友だちにシェア」などLINEならではの機能が全面に押し出されています。

こちらはネイティブアプリ。端末の設定により英語表示になっていますが、出発場所・到着場所・出発時間を入力して検索するというところはミニアプリとほとんど同じですね。

使用する言語は違うものの、ネイティブアプリでできていることはほぼミニアプリでも実現できるようになっています。

ジョルダン乗り換え案内ミニアプリの詳細はこちら

https://zenn.dev/bulb/articles/2cc7698b4cff32

LINEミニアプリではLINE内の通知を利用できる

LINEミニアプリに限らずLINE公式アカウントなども同様ですが、LINEの通知機能でユーザーに対してさまざまなお知らせをすることができます。

ネイティブアプリの場合は通知の設定がユーザーに個別になされるようになるので、通知をOFFにされるとアプローチができなくなってしまいます。LINEであればすでに通知ONにしていたり、アクティブユーザーの割合も多いので、メッセージをより見てもらえるようになります。

モバイルオーダーなどで便利な「サービスメッセージ」は無料で利用できるのでLINEミニアプリの大きなメリットとなります。

サービスメッセージについてはこちらをご覧ください。

https://zenn.dev/bulb/articles/b10f61b983a949

ネイティブアプリ開発の際にはLINEミニアプリも検討してみよう!

LINEミニアプリはネイティブアプリに比べて開発も簡単なので導入しやすくなっています。UXのシナリオがミニアプリの想定に合っていればLINE社の開発審査に通るので、ぜひ一度検討してみることをおすすめします。

参考記事

https://zenn.dev/bulb/articles/f3dc14bc59379d