🌈

vanilla-extract少しわかる

2022/10/14に公開約3,000字

vanilla-extract少しわかるようになるための記事

まずは基礎から。

  • vanilla-extractにおけるスタイリングのAPIは入力としてスタイルのオブジェクトをとる。

という仕様になっているため、スタイリングを行うCSSプロパティの集まりが、
オブジェクトとして扱われる。

CSSプロパティ

スタイルオブジェクトのトップレベルでは、通常のCSSクラスを記述するのと同様に、CSSプロパティを設定できる。しかし、プロパティ名はキャメルケースで指定しなければならない。
感覚としてはclassclassNameの感覚で考えたらよい。

だから、普通にCSSプロパティだけを利用するときは、このようになる。

import {style} from '@vanilla-extract'

export const firstStyle = style({
    display: 'flex',
    padding: 10
})

この時、見てわかるように、特定の文字を指定するときは、文字列型(string型)で指定する
しかし、paddingのように、数値を指定する場合、数値だけの入力でよいことがある。
その際、自動的にpx単位の数値指定として補完される。
また、指定する数に単位を持たないプロパティもあるため、その場合も同様である。

ちょっとレベル上げてみる

CSS変数

もちろんCSS変数も使える。しかしCSS変数の変数宣言は2つある。

  • styleメソッド内でvarsキーを用いて初期化する
  • createVar()メソッドの戻り値でCSS変数を宣言し、styleメソッド内のvarsキーで値を指定する

実際にやってみるとこう。
firstとついているのが上の方法、secondとついているのが下の方法。

import {style} from '@vanilla-extract'

export const First = style({
    vars:{
        '--my-first-var':'blue'
    }
});

const secondvar = createVar();

export const Second = style({
    vars:{
        [secondvar]: 'purple'
    }

})

メディアクエリ

CSS変数をvarsキーで指定したように、メディアクエリは@mediaで指定できる。
これによって、メディアクエリをスタイルの定義内におけるので、
それぞれのスタイルごとにメディアクエリを設定したい場合は便利。
細かく分けない場合は手間になるので、別のCSS-in-js(ts)を使うことをおすすめする。

import {style} from '@vanilla-extract'
const responsiveStyle = style({
    '@media':{
        'screen and (min-width: 768px)':{
            padding: 10
        }
    }
})

ちなみに、このライブラリの仕様上、メディアクエリは出力されるCSSの末尾に来るようになっているらしい
それはCSS規則順序の優先順位によって、メディアクエリとなる@mediaキー内のスタイルより
高い優先度を持っているからである。
しかし、特に悪い影響が発生しない場合は、CSSの出力を小さくするため、
メディアクエリの条件ブロックが取り除かれて出力される。

セレクタ

※後述するglobalStyleでは全セレクタ使用不可となっている。
理由はドキュメントを見てください。

セレクタの指定方法は2つ

  • 他の全てのCSSプロパティと一緒に使える単純な疑似セレクタ
    これらは他のCSSプロパティと並んでトップレベルで使用可能で
    CSSプロパティとCSS変数のみ中で使える。

  • 複雑なルール構築が可能なセレクタオプション
    selectorsキーを使って複雑なキーを指定できる。
    各スタイルブロックは1要素のみを対象とすることしかできない。
    これを強制するため、全セレクタは現在の要素への参照である&文字を
    対象にしなければならない

実際にやってみる

import {style} from '@vanilla-extract'

const FirstStyle = style({
    'hover':{
        color: 'red'
    },
    selectors:{
        '&:hovers:not:(:active)':{
            border: 'medium'
        },
        'nav li > &':{
            textDecoration: 'underline'
        }
    }
})

また、セレクタは他のクラス名を参照することもできるため、
このような指定もできる。

import {style} from '@vanilla-extract'
export const parent = style({});

export const child = style({
    selectors:{
        [`${parent}:focus &`]:{
            backgroud: 'lightbule'
        }
    }
})

※セレクタで現在のクラス以外の要素を対象にしてしまっていると無効になる

現在の要素の子のノードとなっているものをグローバルに対象にしたい場合、
代替として、globalStyleを使用する必要がある。

import {style} from '@vanilla-extract'
export const parent = style({});

globalStyle(`${parent} a[href]`,{
    color:'green'
});

globalStyle…?

**globalStyle**というのは、その対象とするHTMLタグ全体にかかるCSSプロパティに指定するためのもの
例えば、

import {globalStyle} from '@vanilla-extract'
globalStyle('p',{
    color:'blue'
})

と指定したらpタグの文字色が全部青に変更されるという仕様。要はCSSの

p {
    color: blue
}

ということ。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます