🐧

Windows: wsl: wsl2をインストールする

2021/09/06に公開約1,100字

tl;dr

wsl は Windows ネイティブで使える Linux 環境です。
現在では、コマンドラインから wsl コマンドを実行することで、自動的に環境を構築できます。

はじめに

wsl ~(Windows Subsystem for Linux)は、Windows 上で Linux 系 OS を動かすための仕組みです。
現在では、wsl コマンドですべての環境構築ができるようになり、利用が簡単になりました。

wslのインストール

ここでは、wsl 2をインストールします。
次の手順で、wslをインストールします。

  1. Terminalの起動

    管理者権限で、Windows Terminalを起動します

    Windows Terminal

  2. wsl のインストール

    wsl --installと入力し、wsl2 のインストールを開始します

    Windows Terminal

  3. wsl のインストール: ~(途中経過)~

    wsl の各モジュールがインストールされます

    Windows Terminal

  4. Windows の再起動

    wsl を使うには"仮想マシンプラットフォーム"などの Windows の仮想化機能を使う必要があります。
    メッセージが表示されるので、Windowsを再起動します

  5. Ubuntu の起動

    wsl が正常にインストールできていれば、次に Linux ディストリビューションUbuntuをインストールできます。
    Ubuntu をインストールすると、ubuntu のコンソール画面が表示されます

    Ubuntuコンソール

  6. Linux ユーザーの作成

    画面のメッセージに従い、ユーザーを作成します

    Welcome to Ububtu

  7. コンソールの確認

    Windows Terminalを起動します。ubuntuのコンソール画面が追加されています

    Windows Terminal - ubuntu

以上で、wsl のインストールは終了です。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます