🌐

Goの開発環境を構築(goenv + vscode)

1 min read

1. 前提条件

homebrewはインストール済とする。

$ brew -v
Homebrew 3.2.0

2. goenvのインストール・設定

$ brew install --HEAD goenv
$ goenv -v
goenv 2.0.0beta11
$ goenv install 1.16.5
$ goenv global 1.16.5
$ exec $SHELL
$ goenv versions
  system
* 1.16.5 (set by /Users/[ユーザー名]/.goenv/version)
$ go version
go version go1.16.5 darwin/amd64

brew install goenvでは最新のgoenvをインストール出来ないので、--HEAD オプションを付与すること。

3. vscodeにGoの拡張機能をインストール

以下の拡張機能をインストール。

4. vscodeにGoの開発環境を構築

任意の作業ディレクトリを作成(以降ではgoとする)。

$ mkdir ~/go

vscodeでコマンド(command+shift+P)を開き、Go: Install/Update Toolsを実行。

Goの実行に必要な以下ツール(ライブラリ)にチェックを入れてOK押下。

作業ディレクトリに以下のファイル・フォルダが作成される。

.
├── 1.16.5
    ├── bin
    ├── pkg

5. vscodeの設定

作業ディレクトリのルートに.vscodeを作成後、以下のlaunch.jsonsettings.jsonを配置する。

$ cd ~/go/1.16.5
$ mkdir .vscode
./.vscode/launch.json
{
  "version": "0.2.0",
  "configurations": [
    {
      "name": "Launch Package",
      "type": "go",
      "request": "launch",
      "mode": "auto",
      "program": "${fileDirname}/[デバッグ対象のファイル名]"
    }
  ]
}

package mainで発生するコンパイルエラーを解消。

./.vscode/settings.json
{
  "gopls": {
    "experimentalWorkspaceModule": true,
  }  
}

Discussion

ログインするとコメントできます