Closed3

WordPress備忘録

Rest APIでカスタムフィールドをあいまい検索を取得する方法

下記のコードをデータが保存されているサイト(エンドポイント側)のfunctions.phpに記載する。

add_filter( 'rest_pet_query', 'my_rest_pet_query', 10, 2 );
function my_rest_pet_query( $args, $request ) {
	if ( isset( $request['search_word'] ) ) {
		$args['meta_query'] = array(
			'生体番号' => array(
				"key" => "生体番号",
				"value" => $request['search_word'],
				"compare" => "LIKE"
			)
		);
	}
	return $args;
}

APIを投げる方は下記のように検索したいワードとkeyをパラメータに付与してpostする。

const [res1] = await Promise.all([
    axios.get('https://wiynpet.shop/wp-json/wp/v2/pet?search_word='+this.search_word+'&status=publish&offset=0&per_page=100&_embed'),
]);
this.pet_datas = res1.data;
console.log(this.pet_datas);

参考

https://webman-japan.com/custom-post-restapi-filiter/

[セキュリティ関連]

日本語対応しているWP Cerber Securityがおすすめ。

このスクラップは1ヶ月前にクローズされました
作成者以外のコメントは許可されていません