😎

クリエイター・エコノミーに貢献した4つのAIトレンドとその活用法

2023/07/19に公開

本記事は、Entrepreneurにより翻訳された記事です。

AIは、特にコンテンツ制作者への影響に関して、ネット上の話題を独占するようになり、そして否定的な視点も肯定的な視点も含まれます。

実際のところ、AIツールの導入はクリエイターエコノミーを大きく後押しし、仕事を効率化して、クリエイターがかつてないほど稼ぐ可能性を高めるのに役立っています。

現在、クリエイターエコノミーを飛躍させているトレンドを理解することで、自身の仕事にこれらのツールを活用する機会を見出すことができます。

1. 概念化

ウェブ上の多くのユーモラスな事例が明らかにしているように、AIは常に視聴者に受け入れられるコンテンツを生成する能力を備えているとは限りません。そのアウトプットは不完全であることが多いですが、クリエイターを大きく後押ししている分野のひとつが、アイデア出しとコンセプト作りの段階です。

AIは、イメージモックアップ、キャッチフレーズ、商品名など、人間が入力したものから素早く生成できるため強力なアドバンテージとなります。これは、クリエイターが自分のアイデアを微調整することに役立ち、彼ら自身の仕事の出発点となります。

特に、クライアントとコラボレーションするクリエイターには助かり、制作会社の中には、クライアントとプロジェクトの明確なビジョンを確立するために、AIを使ってコンセプトピースを生成するところもあります。最終的な作品は人間のアーティストが完成させますが、プロジェクトのトーンや方向性を確立するAIを使うことで、クライアントが望むビジョンを微調整できるようになり、時間を大幅に節約できます。

2. 下書きの作成

多くのユースケースにおいて、AIは単なるアイデア出しにとどまらず、人間のクリエイターが推敲して完成させることのできる、使い勝手の良いラフドラフトを提供することもできます。

例えば、平均的な作家は、執筆時間の約75%を初稿に費やすと言われています。ジェネレイティブAIを使えば、アウトラインや基本的な論点を提供することで、作家はラフ原稿の作成に必要な助けを得ることができます。いわゆる「ラフ原稿」の作成にAIを活用することで、作家はすぐに次の段階、つまり文章の流れ、その他の重要な資質を微調整・編集する作業に移せます。AIを使ってベースラインを提供することで、多くのクリエイターは創作プロセスを劇的にスピードアップできます。

ある試算によると、AIを活用したライターは、他のライターと比較して、記事を書くのに費やす時間をおよそ33%短縮しているという。創作プロセスを合理化し、スピードアップすることで、ライターは従来よりも効率的になり、より良い収益化が可能になります。

3. 編集と最適化

ジェネレーティブAIのもうひとつのトレンド的な用途は、コンテンツ制作の「編集・最適化」段階と言えるものです。例えば、動画の背景から不要なオブジェクトを削除するプロセスを効率化するAI。あるいは、そもそも映像コンテンツに適切な背景を組み合わせる手助けをするために使うこともできます。

Lightricksが1,000人のコンテンツクリエイターを対象に行った調査によると、回答者の53%が写真の背景にAI(例えばVanceAI画像拡大のような画像編集AIツール)を利用しており、次いで47%が動画の背景にAIを使用しています。このような使用例では、AIはコンテンツの焦点を作るに使われているのではなく、むしろ、クリエイターが作成したコンテンツを微調整し、最適化するために使用されており、他の方法よりもはるかに時間のかからない合理的な方法で行われています。

調査対象のクリエイターの38%が、AIを活用することでより高い報酬が得られると回答したのは、編集プロセスにおけるAIの活用による効率性の向上が一因だろう。

4. アシスタントとしてのAI

以上挙げられた例のいずれも、クリエイターが個人ブランド構築のためのプロジェクトや、クライアントとのコラボレーションに取り組む際の時間やコストの節約に役立ちます。しかし、AIはクリエイティブなプロセスを効率化するだけでなく、クリエイターを支援する準備が整っていることも注目に値します。

ビル・ゲイツは、AIが最終的には生産性を向上させる 「パーソナル・エージェント 」になると考えています。

「AIはあなたの最新の電子メールを見たり、あなたが出席する会議について知ったり、あなたが読んだものを読んだり、あなたが煩わしく感じたくないものを読んだりするでしょう。これによって、やりたい仕事への取り組みが向上し、やりたくない仕事から解放されます。自然言語を使って、このエージェントにスケジュール管理、コミュニケーション、電子商取引を手伝ってもらうことができるようになり、すべてのデバイスで機能するようになります」。

このような本格的なパーソナル・アシスタントが実現するのはまだ先のことですが、AIがクリエイターたちに最も重要なことに集中するための新たな方法を提供することができます。

現在の(そして将来の)AIを活用することは必須

これらの例から明らかなように、ジェネレーティブAIはクリエイターの幅広い活動を効率化する態勢を整えていますが、人間の手を完全に代替することはできません。AIが 「最終成果物 」である広告を作成するユースケースであっても、生身の人間からのインプットに依存することに変わりはありません。

しかし、これらの事例のそれぞれが強調しているのは、ジェネレーティブAIがクリエイター・エコノミーを強力に後押しできることです。AIがクリエイターの個々の弱点を補い、あるいはより効率的に仕事を進めることで、クリエイターはこれまで以上に質の高い作品を生み出すことができるようになるだろう。

Discussion