【エンジニア】文系2年が長期インターンにジョインした戦略

6 min read読了の目安(約5500字

まえがき

ありがたいことに、2020年7月頃から第1希望だった自社開発の企業に【長期・週5・フルタイム】インターン生(バックエンドエンジニア)としてジョインさせていただけることになりました。この記事では、そんな僕の長期インターン参加戦略を共有していきます。

想定読者

  • 実務経験が欲しい大学生
  • インターンで成長したい人
  • 長期インターンに参加したい人
  • エンジニア職のインターンに参加したい大学生

執筆者スペック(活動前)

2019年10月頃

  • 取得単位少ない
  • 文系1年(MARCH)
  • 休日はアルバイト生活
  • プログラミングしたことない
  • プログラミングの授業もない

参考までに共有しておきました。**エンジニアとしてインターンに参加する時に、有利になる点がほとんどない、**と理解していただければ幸いです。

戦略の概要

主に、下記のことを意識しながら行動していきました。

  • 中途半端・甘い気持ちは捨てる
  • 自分の弱点を知り、強みは伸ばす
  • 相手の気持ちを理解することに務める
  • なぜ他の誰かではなく、あなたを選ぶのか?

順番に解説していきますね。

中途半端・甘い気持ちは捨てる

「プログラミング全然、勉強してなくても、受かるかなあ〜」とか「Progateレベルでも受かるでしょ!」みたいな甘い考えは捨てましょう。理由は、二つあります。

  • 優良な企業に受かりにくい
  • 書類選考の通過率が下がる

「やる気はあります!(自分で作ったアプリはないけど。)」みたいな人は基本的に門前払いです。せめて、一つくらいはポートフォリオとしてのアプリを持っておきましょう。

**「でも、なんとかなるんじゃない?」**と思ったそこのあなた。僕の実体験を二つ話しておきましょう。

アプリも作らず、Githubのアカウントも作ったまま放置していた状態で、面接の機会を設けていただいた企業が二つありました。(ちなみに、エントリー通過率20%)

一社目

「自作したアプリがあれば、即採用なんだけどなあ。」と採用担当者に言われました。その会社ではエンジニア・インターン生の場合、勤務時間の50%をプログラミング関係、もう50%を企業メディアの記事執筆の時間に充てられるとのこと。

二社目

この会社ではインターン生の場合、最初の一年間はエンジニアとして働けないとのこと。営業の部署に飛ばされそうになりました。だまされるところだった。

エンジニアとして効率的に成長したいのであれば、これらの企業は避けたほうが良いと思います。(少なくとも個人的には。)急がばが回れ。

自分の弱点を知り、強むは伸ばす

当然のことですが自分の弱点をよく知って、補えれば補う。強みは伸ばしていくべきです。

僕の弱点

  • 文系
  • 2年生(休学中)
  • プログラミングを学習したことがない

順番に、どう対処したか解説します。

文系

しょうがない。

2年生(休学中)

ある意味、強み。週5フルタイム勤務できることを強調する。

プログラミングを学習したことがない

制作物、過去に学習してきたこと、Githubでの草など、多方面でプログラミングに力を入れていることをアピールする。

僕の強み

  • 自走力が高い
  • 行動にパワーがある
  • 若い(将来性,ポテンシャルがある)

これらは、Wantedlyなどのプロフィールや面接時に、積極的にアピールしていきました。特に、**「休学してまでプログラミングにコミットしていきたい」**という姿勢は高く評価していただけました。

相手の気持ちを理解することに務める

  • どのような人材が欲しいのか?
  • なぜ、インターン生をとるのか?
  • インターン生に求めていることは?
  • どのようなことが高評価で、どのようなことが低評価か?

このようなことを常に考えて、行動に移していました。ここで大切なことは、考えたことを行動に移すこと。

なぜ他の誰かではなく、あなたを選ぶのか?

**最も重要。**この考えを常に持ちながら、行動することをおすすめします。

  • 自走力が高いから?
  • 技術力が高いから?
  • 情報学部出身だから?
  • 人柄が優れているから?
  • ポテンシャルが高いから?
  • コミュニケーション力が優れているから?

これを正しく理解し、適切にアピールすることで採用率が高まると思います。選ばれる理由がない人は、それを作っていかなくてはいけません。僕のように。

具体的な活動内容

僕の具体的な活動内容・使ったツールなどを共有していきます。参考までに。

  • プログラミング学習
  • オリジナルアプリ制作
  • 企業にエントリーする

上記の順番で解説していきます。

プログラミング学習

プログラミング言語としては、主にRuby。フレームワークは当然、Railsを使用していきました。特別な勉強法はしておらず、メンターもいませんでした。ただ、勉強法(アウトプット重視など)や業界の常識などは、積極的にインプットしていました。

とはいえ、有名な参考書・学習サイトは、ほとんど学習したと思います。下記に僕が実際に活用したものを書いておきます。

参考書

  • 「たのしいRuby」
  • 「パーフェクトRuby」
  • 「ゼロからわかるRuby超入門」
  • 「Ruby on Rails5速習実践ガイド」
  • 「Linuxの仕組み」
  • 「JavaScript超入門」
  • 「キタミ式 基本情報技術者」
  • 「Docker/Kubernetes 実践コンテナ開発入門」
  • 「AWS 基礎からのネットワーク&サーバー構築」
  • 「Everyday Rails - RSpecによるRails」

学習サイト

  • Udemy
  • Techpit
  • Progate
  • Rails tutorial
  • ドットインストール

アプリ作る前に「パーフェクトRuby」はオーバーワークかなと、今は思います。
ちなみに、

はすごいお世話になりました。

オリジナルアプリ制作

2つ制作していきました。1つには機能や技術的要素を詰め込みもう1つは楽しむことを重視して作りました。

Lemon (スキル出品アプリ)

screencapture-localhost-3000-2020-05-02-18_01_22 (1) (2).png

機能
  • サインイン (UserとAdminアカウント区別)
  • サインアップ(UserとAdminアカウント区別)
  • サインアウト(UserとAdminアカウント区別)
  • サービス一覧
  • サービス詳細
  • サービス出品(adminのみ)
  • サービス削除(adminのみ)
  • 画像を整形して投稿(CarrierWaveを使用)
  • サービス購入(stripe活用)
  • サービス検索
  • バスケット機能
  • CSV出力
  • ページネーション
  • 売上管理
  • 売上詳細
  • モデルによるバリデーション
使用技術
  • RSpecによるテスト記述
  • Docker,Docker-compose導入
  • Materializeによるレスポンシブ
  • APIを活用(stripeでの決済機能追加)
  • Rubocopを使用したコード規約に沿った開発
  • Githubでのイシュー・プルリク活用(擬似チーム開発)

Moking (もくもく会アプリ)

1.png

screencapture-localhost-3000-2020-05-24-16_36_29 (2).png

screencapture-calm-refuge-74093-herokuapp-meetings-2020-05-24-16_51_24 (1).png

screencapture-localhost-3000-meetings-8aPfMV-2020-05-24-17_18_19.png

機能
  • TwitterAPIによるログイン
  • Twitterアカウントから情報を取得
  • ログアウト
  • 勉強会作成
  • 勉強会一覧
  • 勉強会詳細
  • 勉強会削除
  • 勉強会検索
  • ページネーション
  • 勉強会参加希望
  • 自分が参加希望した会一覧
  • 自分が開催した会一覧
  • GoogleAPIによるGoogleマップ出力
  • 通知
使用技術
  • TwitterAPI
  • GoogleAPI
  • Githubでのイシュー・プルリク活用(擬似チーム開発)
  • Materializeによるレスポンシブ
  • hashid-railsによるidのハッシュ化

どちらも、制作期間は半月くらいだったと思います。とにかく楽しかったです。

企業にエントリーする

主にWantedlyを使って応募していました。理由は下記のとおり。

  • スカウト機能の存在
  • 使用技術が見やすい
  • インターン実施会社の掲載数が多い
  • 成果報酬型ではない(間違っていたらごめんなさい)

ここでは、特別なことはしていません。プロフィールを充実させ、ポートフォリオアプリのURLを掲載するなど、いたって普通です。あとは、気になる企業にエントリーするだけ。(おすすめ企業は違う記事で書こうかと思います。)

面接

意識していたことを下記に書いておきました。

  • 声はる
  • 面接を楽しむ
  • 逆質問は絶対する
  • 嘘は絶対つかない
  • 相手の気持ちに立つ
  • わからないことは、わからないと言う

ここら辺は、当然かなと思います。あとはオンライン面談時は、メモをとるなども良いかなと思います。

インターン活動の結果

エントリー通過率や、面接通過率などを共有していきます。一応、インターンに応募した時の僕の状況を参考までに書いておきます。

インターン活動時の執筆者状況

  • 文系2年(MARCH)
  • インターン経験なし
  • 長期インターン希望
  • オリジナルアプリ2つ制作
  • プログラミング独学(8ヶ月間)
  • 休学中(週5・フルタイム可能)

インターン活動時の結果

こういう言い訳みたいなことは嫌いですが、コロナの影響(2020年3月~)で少しエントリー通過率は下がっているかもしれません。しかし、就職の状況とかを考えた場合、**「みなさんへ、より正確な情報を伝える」**という観点から一応、お伝えしておきました。

  • エントリー【50社】
  • エントリー通過【22社】
  • 面接・面談数【20社】
  • 採用・合格【14社】

ちなみに、僕が応募させていただいた企業は、ほとんどが自社開発企業です。SESであったり、受託開発などの企業は、応募しませんでした。

さいごに

これを読んでいるあなたは、僕とは違う状況なはずです。僕のこの戦略を鵜呑みにするのではなく、参考にとどめて応用していくことをおすすめします。特に**「戦略の概要」**のところは普遍的で参考になるかなと思います。

いじょー。